EVENT REPORT

【RAGE 2019 Summer】『Shadowverse』&『PUBG MOBILE』大会が開催―女性限定のeスポーツ大会も

2019/07/30

esports port 編集部

6月16日(日)、株式会社CyberZとエイベックス・エンタテインメント株式会社と株式会社テレビ朝日 は、国内最大規模のeスポーツイベント「RAGE 2019 Summer」を開催した。

会場では『Shadowverse』、『PUBG MOBILE』といった人気ゲームの大会が行われたほか、アプリゲーム『ゼノンザード』『ナナカゲ ~7つの王国と月影の傭兵団~』(以下、『ナナカゲ』)のブースが展開。

『Shadowverse』を用いた女性限定のeスポーツ大会も開催され、選出された約224名のプレイヤーが、決勝進出をかけて戦った。本稿では、開催された大会と会場の模様についてレポートをお届けする。

 

 

●「RAGE Shadowverse 2019 Summer GRAND FINALS」

 

会場奥の大ステージで行われていたのが、『Shadowverse』の大会である「RAGE Shadowverse 2019 Summer GRAND FINALS」。6000名の参加となったオフラインの予選大会を勝ち上がり、ファイナリストに選ばれた8名が、優勝の座をかけて戦う。

 

ルールは最大5バトルのうち、先に3バトル勝利した選手が勝利する「BO5」。ちなみに、2バトル目以降に勝利したデッキは、同じ試合で再び使用することは禁止されている。大会MCは人気お笑い芸人「霜降り明星」が務め、会場を大いに盛り上げた。

激戦の末、6000人の頂点となったのはZero|灰原きょん選手。Zero|灰原きょん選手には優勝賞金の400万円と、「Shadowverse World Grand Prix 2019」への出場権が送られた。

 

 

●プロ選手交流会

 

各チームのプロ選手と、『Shadowverse』のサイドイベント「星取りバトル」に挑戦できるブース。見事プロ選手との戦いに勝利すると、「星」がプレゼント。この星を集めることで、ゲーム内アイテムや非売品グッズが当たる抽選権がプレゼントされることに。

 

 

●4人フライト式トーナメント

 

その場に集まった『Shadowverse』プレイヤー4人1組でトーナメントに参加できるブース。優勝賞品として、第12弾カードパック「鋼鉄の反逆者(リベリオン)」リアルプロモーションカードが、全9種の中からランダムで1枚プレゼントされた。

 

 

●「Shadowverse QUEEN’S CUP 2019 Summer」

 

『Shadowverse』を用いた女性限定のeスポーツ大会も開催。選出された約224名のプレイヤーが、決勝進出をかけて戦った。

本予選ラウンドの約1週間後の6月22日に開催された決勝ラウンドにおいて、優勝はruka選手。準優勝にmil選手が決定した。

 

 

●「RAGE PUBG MOBILE SOLO CHALLENGE」

 

大人気ゲーム『PUBG MOBILE』を用いた大会も開催。最大160名の中から予選を通過した上位16名が、招待選手を交えた決勝大会への参加権を獲得することができる。招待選手以外にも一般選手枠が設けられており、誰でも選手として挑戦できる仕組みになっていた。

 

 

ステージ横のブースでは、ヘルメットやギリースーツを装着しての写真撮影が楽しめるスポットや、一般参加型のサブイベント「ドン勝つチャレンジ」が用意。『PUBG』の世界観にしっかりと浸れる空間が広がっていた。

 

 

 

●『ナナカゲ』ブース

 

モブキャストゲームスより、5月28日より配信を開始したアプリゲーム『ナナカゲ』。体験ブースには、なんと本作のプロデューサーである祝達哉氏が登場。プロデューサーとのバトルに勝てばオリジナルグッズがもらえるといったご褒美が用意されていた。

 

 

●『ゼノンザード』ブース

 

「カードバトル特化型AI」を搭載した、2019年夏リリース予定のデジタルカードゲーム『ゼノンザード』。ブースではオフィシャルサポーター「霜降り明星」がMCを務める公式番組「ゼノンザードネクスト TV」の公開生配信が行われるほか、アプリ試遊コーナーが用意されていた。

 

人気ゲーム『Shadowverse』と『PUBG MOBILE』の熱い戦いが行われ、大きな盛り上がりを見せた「RAGE 2019 Summer」。次回はどのような戦いを見せてくれるのか、今後の展開に大いに期待が高まる結果となった。

 

写真提供:RAGE

関連記事

    関連記事はまだありません。